NAGASAKI IOUJIMA HOTEL

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


KIDS ROOM

 




Description
神戸市三ノ宮に本社を構える企業が、働く社員のためと多様な働き方をサポートするための機能を設けた一時預かり専用託児所の設計。

所在地:兵庫県神戸市
開業日:2014年4月
床面積:47.99


BAR&GELATERIA RAFFINATO (Umekita Grandfront Osaka)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo:Hiroki Kawata
 

Description
グランフロント大阪の地下に位置するイタリアンレストランオーナーシェフが展開する2店舗目のジェラートショップのインテリアデザイン。出店立地はショップが集積されるゾーンからは離れ個店化され、あらかじめ用意された3方を覆うガラススクリーンと水景デッキを有する32峩間。あらゆる角度、距離からお店の見え方を繰り返しスタディする中、隣接する公共通路や外部空間との対比と繋がりを重視することとした。それらを重視する事によりガラススクリーン越しに全てが見渡せる区画特性を活かしながらも限られた小空間に存在感とどこまでも続く様な広がりを与えることが出来るのではないかと考えた。店内は外部空間に対比する白色で統一されコの字型の人工大理石貼りカウンターを中心にジェラート、ラ・チンバリー(エスプレッソマシン)らお店の主力となるアイテムに注意喚起ができるよう、それぞれに合う厳選したゴールドを用い縁取り。天井は外部空間と同じ3000Hで水平に組み、およそ9000個の鏡面ゴールドドット群を配置。そうすることにより周辺の風景を取り込み揺らぎながら映し出す装置となり、外部空間と繋がりを促す事を狙いとした。外部空間が持つ広がりある開放感とその空気を乱さぬよう店内のディテール、シルエット、仕上に注意を払い上質な商品、サービス、アクティビティの為のニュートラルな舞台づくりを心掛けた空間。

This interior design is for an Italian restaurant owner/chef who has developed his second gelato shop on the basement floor of GRAND FRONT OSAKA, the latest large-scale project in Osaka.The spot for this gelateria is away from the collective shop area, so that it stands as more of an independent place.  The 32 square meters space was preliminarily provided with glass screens that wrap the 3 sides, as well as the waterfront deck for the view.While I investigated the sight of this space from every possible angle, I decided to place a high value on the contrast and the connection between the outside space such as public roads, and the inside of this shop.Having considered these outside factors, I thought I would be able to give this limited space a more spread out feeling and a powerful presence, by utilizing the characteristics of this specific location that enables us to overlook everything out there through the glass screens.The white interior contrasts with the outside view.  The main features inside of the shop, such as the counter with cultured marble surface, the gelato case and LA CIMBALI Espresso machine, are all framed in separate, specially selected gold bordering, The ceiling height was set at 3000mm to match the outside space, and is covered with approximately 9000 gold circles.  This allows the outside view to come inside as a wavering reflection, aiming to connect the two different spaces. The interior was completed with a high attention to detail, which harmonises with the spacious atmosphere outside. This creates the perfect setting for quality food, drinks and service.

バール&ジェラテリア ラッフィナート
所在地:大阪市北区大深町 うめきた広場B1F
開業日:2013年4月26日
設計:コングデザインオフィス 河野知二
グラフィックデザイン:ポリフォニック 阪本敦
床面積:32

RAFFINATO

 

 

 


AN26(SKELETON BICYCLE STOOL)



 

 

 


Description

自転車用パーツを利用したスツールのデザイン。できるだけ簡素な構成で機能的なスツールができないかと考えた。5°の傾斜角をつけ溶接された31.8φと38.1φの鉄パイプを自転車のフレームスケルトンに見立てながら自転車部品2点を組み合わせる事によりそのパーソナリティと作業用途に応じて座面が上下する機能を与えた。デザイン行為と既存の良品を組み合わせることで単なる椅子にとどまらない、ハイブリッドな道具を考えたデザイン。
This stool is designed utilizing bicycle parts.The simplest possible composition yet highly functional stool was sought.Two steel pipes of 31.8φ and 38.1φ are welded together with 5° angulation and integrated into a stool, as if they were to fit in the frame skeleton of a bicycle.  2 components of a bicycle are joined in an unusual way along with the inspiration to bring a function to a seating face, which moves upwards or downwards in accordance with user's preference and their style of work.Designing can simply be bringing existing fine items together,and that takes just a hybrid piece of beauty,which aIso works as a tool.


LIVING&DESIGN CREATERS BLOCK 2015

 

 

 

Photo:Stirling Elmendorf


A PRODUCT

 

 



 


PRIVATE SALON SPACE

 

 

 

 

Description
大阪市内飲食ビル1室の改修計画。野井成正デザイン室によるインテリアデザインの協働設計空間。


所在地:大阪市北区堂島
開業日:2014年7月
床面積:27.93

 

 

 


WE DESIGN TOBACCO ASHES





















Description
野井成正氏+河野知二共同提案のデザイン。
今の喫煙方法が本当にスマートなのか。路上や灰皿に散らばる吸殻をみて疑問に感じていた。たばこ、マフラー、キャップ、灰紙の4つのパーツを使用した吸殻そのものの姿、喫煙する行為、システムをデザインする提案。


丸岡正典消化器内科


















 

 

 

 

 

Photo:Yasunori Shimomura

 

Description

移転や仮設診療所設計を経て、今回3件目が本院となる消化器専門診療所である。外壁は耐候性と診療所の存在感を訴求し、内部空間は全体を白くシンプルな要素で包込み院内の各エリアで求められる役割りに合わせたカラートーン3種類の天然木を配置。それらを全体空間と対比させる事で各エリアの存在感を主張しながら居心地の良さを向上させる考えをご提案。機能面では複雑な導線計画を整理し効率の良い平面計画と各部屋の遮音性能及び日常の掃除のしやすさに配慮した設計とした。各部分のディテールを含め出来るだけ余計な要素を抑え、清潔さを維持した白い全体空間に対比させた天然木(端切れ材)を壁、天井に大きく使用。

呼吸をしながらいまだ活き続ける天然木素材の持つ魅力を最大限に活かし、その先にある診療所の本質である『信頼性』『清潔感』『安堵感』を空間を通してお伝えすることをデザインコンセプトとした。

 

JCDデザインアワード2011「伝えること」BEST100入選

 

丸岡正典消化器内科

所在地:大阪府寝屋川市香里本町通9-8かほりまちテラス3階

開業日:2011年3月1日

設計:コングデザインオフィス 河野知二

床面積:336

BAMBOO MEDIA 安多化粧合板株式会社

 


丸岡正典消化器内科(仮設診療所)

 

 

 

Photo:Seiryo Yamada
 

仮設診療所
所在地:大阪府寝屋川市
開業日:2008年9月1日
設計:コングデザインオフィス 河野知二
床面積:361.20


CALENDER

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

PROFILE

有限会社コングデザインオフィス
〒550-0003
大阪市西区京町堀1丁目6番23号
西京町堀ビル3F32/33
Tel. 06.6445.0566
Fax. 06.6445.0590

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

OTHERS

MOBILE

qrcode