BAR&GELATERIA RAFFINATO (Nakanoshima) Description

 

 

 

Photo:Hiroki Kawata
 
Description
兵庫県芦屋市に構えるイタリアンレストランが新たに展開するテイクアウトも充実したジェラート/コーヒー/パニーニ/アルコールを提供するバンコカウンターとイートインを有するショップのためのデザイン。出店立地は劇場とオフィスフロアを持つ高さ200Mの大阪・中之島フェスティバルタワー商業ゾーンの17坪区画。重厚な素材感とダークカラーをまとう中之島フェスティバルタワーに対し、17坪のお店の全体空間は白色を採用した。そうする事により外部空間はビルとのコントラストを活かしながら白で主張し、内部空間においては採用したディテールを含め全ては無の存在としての効果を期待した。特に内部空間におけるそれらの配慮は店内のジェラートケース、デリケースの中の商品群やエスプレッソマシンの存在を際立てる事を設計意図とした。内部空間のバンコカウンターとイートインのテーブル/ベンチシート本体は人工大理石でつくられ、2分された空間を繋ぐ役割りを素材に与えると共に、触って冷たくない手触りの良さを注視した。またイートインで使われる家具は全てこのお店のためのオリジナルデザインとなっている。特に椅子については内部空間のスケールに合わせてコンパクト化し想定する空間に合わせてムダのないデザインにした。しかしデザイン性を重視しただけでなく腰掛けてみると低くやや立ち気味の背板に腰骨を押され自然と背筋の伸びる機能性を併せ持つ気持の良い結果を得る事となる。グラフィックデザインにおいてはショップロゴや店内に配されたドットパターンは「ピリオド」を示すものであり、文章等の区切りに使われる小さい丸を日常に流れる時間を一区切りする休息の場としての意味合いをドットパターンに込めた。日本や海外がもつ伝統や文化を習い、自分なりの美意識と日常に埋没するアイデアを織り交ぜ、現在の時流と将来におけるモノの価値を再考しながら、商業的かつ経済的時流とどこまで歩みを揃えるかとどのように共存できるかを試行したしつらえをオーナーシェフと共に試みた

It is designed as a place that serves gelato, coffee, panini, alcohol to eat in, as well as to go, providing a banco (counter) and tables to be seated.  It was planned as an extended business of an Italian restaurant located in Ashiya, Hyogo.The given location is a section of 56.1sqm in the commercial area of Nakanoshima Festival Tower, which accommodates office floors, a theater and a shopping zone in their 200m high architecture. As opposed to Nakanoshima Festival Tower, which gives a solid feel with its material and dark color, the color of white is employed to create an overall atmosphere for this space of 56.1sqm cafe/bar. That enables the appearance of this cafe/bar to stand out utilizing the contrast to the whole building, and I aimed to make the interior space including the details to have the effect of non existent (nothingness).The purpose of this effect was to accentuate what is to be displayed inside the gelato case and deli case and the existence of an espresso machine. The banco (counter) and the table space including the bench seat for the interior space are made of cultured marble. They function as connection for the divided area, but what is also focused is their texture that do not feel like cold substance.All the furniture used for the table section are uniquely designed just for this place.The chairs especially were elaborately designed to be functional yet as compact as possible in size to utilize the limited space. Any possible waste of the space was trimmed from these chairs. It however did not compromise the comfort for the design. One can feel the natural push on their lower back, and spontaneous stretch on their back and set them selves for a good posture, hence it results in their physical comfort.As for the graphic design, dot patterns are used for the logo and for the interior of the place. The dot indicates a period or full stop.  As it is used in the writing form to break per sentence, I wished that these little circles imply the time to pause and have a break in people's lives.Having learned from the traditions of my own country, Japan, and other cultures from abroad, I attempted to mix the aesthetic consciousness that I value, and those ideas that are hidden in the daily lives, then put those on a substance that reflects the trend but will retain in the future. Also in cooperation with the owner/chef, we thought about how to get on the commercial and economic flow. I hope to have embodied that concept in this place.

 

 

 


CHAIR FOR GELATO SHOP

 

 

 

Description

 

大阪市北区中之島フェスティバルタワー地下に位置するジェラートショップの為の椅子のデザイン。床面積55.5平米と天井高さ2370に合わせてギリギリまでコンパクト化し配置される空間に合わせてムダのないデザインにした。デザイン性を重視しただけでなく腰掛けてみると低くやや立ち気味の背板に腰骨を押され自然と背筋の伸びる機能性を併せ持つ気持ちの良い結果を得る事となる。


AN26(SKELETON BICYCLE STOOL)



 

 

 


Description

自転車用パーツを利用したスツールのデザイン。できるだけ簡素な構成で機能的なスツールができないかと考えた。5°の傾斜角をつけ溶接された31.8φと38.1φの鉄パイプを自転車のフレームスケルトンに見立てながら自転車部品2点を組み合わせる事によりそのパーソナリティと作業用途に応じて座面が上下する機能を与えた。デザイン行為と既存の良品を組み合わせることで単なる椅子にとどまらない、ハイブリッドな道具を考えたデザイン。
This stool is designed utilizing bicycle parts.The simplest possible composition yet highly functional stool was sought.Two steel pipes of 31.8φ and 38.1φ are welded together with 5° angulation and integrated into a stool, as if they were to fit in the frame skeleton of a bicycle.  2 components of a bicycle are joined in an unusual way along with the inspiration to bring a function to a seating face, which moves upwards or downwards in accordance with user's preference and their style of work.Designing can simply be bringing existing fine items together,and that takes just a hybrid piece of beauty,which aIso works as a tool.


LIVING&DESIGN CREATERS BLOCK 2015

 

 

 

Photo:Stirling Elmendorf


A PRODUCT

 

 



 


PRIVATE SALON SPACE

 

 

 

 

Description
大阪市内飲食ビル1室の改修計画。野井成正デザイン室によるインテリアデザインの協働設計空間。


所在地:大阪市北区堂島
開業日:2014年7月
床面積:27.93

 

 

 


WE DESIGN TOBACCO ASHES





















Description
野井成正氏+河野知二共同提案のデザイン。
今の喫煙方法が本当にスマートなのか。路上や灰皿に散らばる吸殻をみて疑問に感じていた。たばこ、マフラー、キャップ、灰紙の4つのパーツを使用した吸殻そのものの姿、喫煙する行為、システムをデザインする提案。


丸岡正典消化器内科


















 

 

 

 

 

Photo:Yasunori Shimomura

 

Description

移転や仮設診療所設計を経て、今回3件目が本院となる消化器専門診療所である。外壁は耐候性と診療所の存在感を訴求し、内部空間は全体を白くシンプルな要素で包込み院内の各エリアで求められる役割りに合わせたカラートーン3種類の天然木を配置。それらを全体空間と対比させる事で各エリアの存在感を主張しながら居心地の良さを向上させる考えをご提案。機能面では複雑な導線計画を整理し効率の良い平面計画と各部屋の遮音性能及び日常の掃除のしやすさに配慮した設計とした。各部分のディテールを含め出来るだけ余計な要素を抑え、清潔さを維持した白い全体空間に対比させた天然木(端切れ材)を壁、天井に大きく使用。

呼吸をしながらいまだ活き続ける天然木素材の持つ魅力を最大限に活かし、その先にある診療所の本質である『信頼性』『清潔感』『安堵感』を空間を通してお伝えすることをデザインコンセプトとした。

 

JCDデザインアワード2011「伝えること」BEST100入選

 

丸岡正典消化器内科

所在地:大阪府寝屋川市香里本町通9-8かほりまちテラス3階

開業日:2011年3月1日

設計:コングデザインオフィス 河野知二

床面積:336

BAMBOO MEDIA 安多化粧合板株式会社

 


丸岡正典消化器内科(仮設診療所)

 

 

 

Photo:Seiryo Yamada
 

仮設診療所
所在地:大阪府寝屋川市
開業日:2008年9月1日
設計:コングデザインオフィス 河野知二
床面積:361.20

CI LOGO TYPE

 

 

医療法人の為のロゴデザイン。


CALENDER

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

PROFILE

有限会社コングデザインオフィス
〒550-0003
大阪市西区京町堀1丁目6番23号
西京町堀ビル3F32/33
Tel. 06.6445.0566
Fax. 06.6445.0590

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

OTHERS

MOBILE

qrcode