THE LUX BAR Osaka Uehonmachi 2

 

 

 

 

 

 

Description
2015年春に開業したバーの4周年を機にした改修計画。今回の改修では店内床材の更新とインテリアの一部に要素を加えた。店内床材は開業当時の複層ビニル床シートからエポキシテラゾータイルへと貼替える。エポキシテラゾータイルは高価であるデメリットを持つが耐摩耗性に富むことでバーテンであるオーナーが求める機能的要求を満たしながら、店内と同調する配色を採用することで手を入れない既存インテリアと馴染む様にした。インテリアは既存インテリアにスモークガラス、ステンレスゴールドを加えてお酒を呑む為の居心地の向上と、ユニバーサル性に配慮すべく照明計画とピクトグラム、扉の改良を加えた使いやすさと解りやすさを目指した。一過性に惑わされ見えない先を急ぐのではなく、見えることから更新していくことでオーナーにとってより良い職場になると同時に、永く愛されるお店へと発展し続けることを願う。

 

ザ・ラックス・バー
所在地:大阪市天王寺区東高津町7-23ラーク浜田ビル1F
開業日:2015年4月16日(改装:2019年4月3日)
設計:コングデザインオフィス 河野知二
グラフィックデザイン:コングデザインオフィス 河野知二
床面積:75.41

 

 


THE LUX BAR Osaka Uehonmachi Program Outline

プロジェクトの目的

初めてお店を作るオーナー(バーテンダー)の為に、地域に永く愛される居心地の良いバーの完成を目指し、工事によるイニシャルコスト/開店後のランニングコストを抑えてより永く快適にご商売を続けていただくこと。

 

課題

店舗計画地は、もともとマンション1階の車3台が駐車できるパーキングであり、既存建築を用途変更及び建築法規の再申請により店舗区画として再利用した。そのプロジェクト特性がゆえに、通常店舗運営に必要となるインフラ設備や天井高さが満たされていない問題があった。これらの問題を、開業資金予算内で、オーナーが求める高級なデザインイメージの実現と空調/給排水/インフラ設備の充実を図ること。

 

戦略

現場調査後、直ちに問題点をオーナー、施工会社、ビルオーナーと協議することで、諸問題の解決を図ることとした。デザインイメージについては、高級を「上質」と定義することで共有化を図り、開業資金に納めるべく経済的合理化を図るシンプルなデザインが最良と考えた。その上でお店の要となる部分に、良質素材を採用することとした。そうすることで、内は居心地を向上させ、外へはお店の上質な品質を表す効果を狙った。

 

コンセプト

カクテルアワードで日本一の称号を持つバーテンの腕とその人柄が際立つオーセンティックバー。

 

成果

バーテンであるオーナーのスキルと努力、地域に根ざした居心地の良い良質さと、エンドユーザーが求めるであろうと思われる空間づくりをオーナーと共に目指したことで、お店を訪れる顧客が増える結果を得ることとなる。2019年4月には4周年を迎え、開業当時ローコストで仕上を施した床材や何点かの改善点の設計依頼をいただき部分改装工事を行うに至る。

 

4周年を機に

2015年春に開業したバーの4周年を機にした改修計画。今回の改修では店内床材の更新とインテリアの一部に要素を加えた。店内床材は開業当時の複層ビニル床シートからテラゾータイルへと貼替える。テラゾータイルは高価であるデメリットを持つが耐摩耗性に富むことでバーテンであるオーナーが求める機能的要求を満たしながら、店内と同調する配色を採用することで手を入れない既存インテリアと馴染む様にした。インテリアは既存インテリアにスモークガラス、ステンレスゴールドを加えてお酒を呑む為の居心地の向上と、ユニバーサル性に配慮すべく照明計画とピクトグラム、扉の改良を加えた使いやすさと解りやすさを目指した。

 


THE LUX BAR Osaka Uehonmachi


















Photo:Yoshihisa Araki

Description
ストックマネジメントを活かした、バーのインテリアとエクステリアのデザイン。プロジェクトを進めるにあたり念頭に置いたのは、はじめてお店を持つオーナーの為に経済的合理化をはかるシンプルな構成が最良と考えた。その上でお店の要となる部分に、良質素材を採用することとした。そうすることで、内へは居心地を向上させ、外へはお店の品質を表す効果を狙った。カラーリングは茶(ウォールナット)とダークグレー(ナラと化粧板)のツートン。これらの色、材質はオーナーを含めた利用者の心理的要求を満たすことを目的とした。さらにそれらツートンをグレーで包込むように溶けさせ全体を緩和させることで、お酒を飲むムードを与えながらツートンだけとは違う良い意味をもたらせるよう考えた。(設計施工会社との協働
プロジェクト)

The design is based upon the concept of utilizing the existing architect/building and turn it into something else that will last long.  The design work was made for interior and exterior of this bar.  In order to proceed the project, what came on my mind first and foremost was the simple structure. Since it is the first time for the owner to run a business of his own, it would be the best to make it streamlined that makes economical sense too, I thought. Having that as a basis, it was decided to use high quality material for the essential part of the bar, as it plays a role to improve the inside comfort and to expresse the quality of the service toward the outside of the place.  The colour scheme consists of two tones which are brown (walnut) and dark grey (oak and decorative laminate).  The purpose of using these colours and the material is to fulfill mental satisfactory of the users including the ownerhimself.  In addition to the use of two tones, the fact that grey colour wraps them to integrate them together creates the ambience for elegant evenings with drinks, and it gives the depth to the atmosphere which cannot be accomplished just with the two tones.
 

ザ・ラックス・バー
所在地:大阪市天王寺区東高津町7-23ラーク浜田ビル1F
開業日:2015年4月16日
設計:コングデザインオフィス 河野知二(設計施工会社との協働設計)
グラフィックデザイン:コングデザインオフィス 河野知二
床面積:75.41

 

 

 


讃州うどんの庄 かな泉

 

 

 

 

 

 


Photo:Yoshihisa Araki

Description

イオン高の原ショッピングセンター内の老舗うどん店の設計。老舗うどん店はかつて、手打ちにこだわり、素材にこだわり、ひたむきに気持ちを込めてうどん作りに努め、讃岐うどん人気の立役者でもあった。しかしながら、セルフスタイルの激安うどん店との競合の中で、その輝きを失っていた。手間暇をかけ伝統の味を追求するうどん店の再生に力添えすることがプロジェクトの大きな目的であった。インテリアは、伝統的日本様式を現代的手法を加えて再構成した。そうすることで、お店の存在を商業施設内で際立たせ来店動機を促すと共に、うどん店が探求してきた伝統の味を受け継ぐように表現したいと考えた。縦格子/桜材/土壁/陶器を空間全体に織り交ぜながら、細かなディテール調整を繰り返し本物であることの表現とショッピングセンターにふさわしいコストパフォーマンスに細心の注意を払った。更にインテリアの壁には讃岐かがり手鞠を配した。店内に香川県の風土から生まれた民藝品を取入れることで、その地域色を表現することを目的とした。出される料理一品に気持ちを込めて、手から手と受け継がれてきたお店の精神と草木染めした糸でひとつひとつ手間暇をかけて作られるかがり手鞠の技法を重ね合わせた。安い/早いとは違う、手間暇をかけた価値が見直される機会になれるよう多彩な協働者と共に取り組んだプロジェクト。

 

かな泉
所在地:京都府相楽群木津町相楽台1-1/奈良県奈良市右京1-6-1
開業日:2007年5月1日
設計:コングデザインオフィス 河野知二
グラフィックデザイン:森 千

讃岐かがり手鞠:さぬきかがり手鞠保存会 荒木永子

床面積:147.3

 


BAR&GELATERIA RAFFINATO (Umekita Grandfront Osaka)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo:Hiroki Kawata
 

Description
グランフロント大阪の地下に位置するイタリアンレストランオーナーシェフが展開する2店舗目のジェラートショップのインテリアデザイン。出店立地はショップが集積されるゾーンからは離れ個店化され、あらかじめ用意された3方を覆うガラススクリーンと水景デッキを有する32峩間。あらゆる角度、距離からお店の見え方を繰り返しスタディする中、隣接する公共通路や外部空間との対比と繋がりを重視することとした。それらを重視する事によりガラススクリーン越しに全てが見渡せる区画特性を活かしながらも限られた小空間に存在感とどこまでも続く様な広がりを与えることが出来るのではないかと考えた。店内は外部空間に対比する白色で統一されコの字型の人工大理石貼りカウンターを中心にジェラート、ラ・チンバリー(エスプレッソマシン)らお店の主力となるアイテムに注意喚起ができるよう、それぞれに合う厳選したゴールドを用い縁取り。天井は外部空間と同じ3000Hで水平に組み、およそ9000個の鏡面ゴールドドット群を配置。そうすることにより周辺の風景を取り込み揺らぎながら映し出す装置となり、外部空間と繋がりを促す事を狙いとした。外部空間が持つ広がりある開放感とその空気を乱さぬよう店内のディテール、シルエット、仕上に注意を払い上質な商品、サービス、アクティビティの為のニュートラルな舞台づくりを心掛けた空間。

This interior design is for an Italian restaurant owner/chef who has developed his second gelato shop on the basement floor of GRAND FRONT OSAKA, the latest large-scale project in Osaka.The spot for this gelateria is away from the collective shop area, so that it stands as more of an independent place.  The 32 square meters space was preliminarily provided with glass screens that wrap the 3 sides, as well as the waterfront deck for the view.While I investigated the sight of this space from every possible angle, I decided to place a high value on the contrast and the connection between the outside space such as public roads, and the inside of this shop.Having considered these outside factors, I thought I would be able to give this limited space a more spread out feeling and a powerful presence, by utilizing the characteristics of this specific location that enables us to overlook everything out there through the glass screens.The white interior contrasts with the outside view.  The main features inside of the shop, such as the counter with cultured marble surface, the gelato case and LA CIMBALI Espresso machine, are all framed in separate, specially selected gold bordering, The ceiling height was set at 3000mm to match the outside space, and is covered with approximately 9000 gold circles.  This allows the outside view to come inside as a wavering reflection, aiming to connect the two different spaces. The interior was completed with a high attention to detail, which harmonises with the spacious atmosphere outside. This creates the perfect setting for quality food, drinks and service.

バール&ジェラテリア ラッフィナート
所在地:大阪市北区大深町 うめきた広場B1F
開業日:2013年4月26日
設計:コングデザインオフィス 河野知二
グラフィックデザイン:ポリフォニック 阪本敦
床面積:32

RAFFINATO

 

 

 


BAR&GELATERIA RAFFINATO (Nakanoshima)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Photo:Hiroki Kawata

 

バール&ジェラテリア ラッフィナート
所在地:大阪市北区中之島2-3-18フェスティバルプラザB1F
開業日:2012年11月28日
設計:コングデザインオフィス 河野知二
グラフィックデザイン:ポリフォニック 阪本敦
床面積:55.5

RAFFINATO


BAR&GELATERIA RAFFINATO (Nakanoshima) Description

 

 

 

Photo:Hiroki Kawata
 
Description
兵庫県芦屋市に構えるイタリアンレストランが新たに展開するテイクアウトも充実したジェラート/コーヒー/パニーニ/アルコールを提供するバンコカウンターとイートインを有するショップのためのデザイン。出店立地は劇場とオフィスフロアを持つ高さ200Mの大阪・中之島フェスティバルタワー商業ゾーンの17坪区画。重厚な素材感とダークカラーをまとう中之島フェスティバルタワーに対し、17坪のお店の全体空間は白色を採用した。そうする事により外部空間はビルとのコントラストを活かしながら白で主張し、内部空間においては採用したディテールを含め全ては無の存在としての効果を期待した。特に内部空間におけるそれらの配慮は店内のジェラートケース、デリケースの中の商品群やエスプレッソマシンの存在を際立てる事を設計意図とした。内部空間のバンコカウンターとイートインのテーブル/ベンチシート本体は人工大理石でつくられ、2分された空間を繋ぐ役割りを素材に与えると共に、触って冷たくない手触りの良さを注視した。またイートインで使われる家具は全てこのお店のためのオリジナルデザインとなっている。特に椅子については内部空間のスケールに合わせてコンパクト化し想定する空間に合わせてムダのないデザインにした。しかしデザイン性を重視しただけでなく腰掛けてみると低くやや立ち気味の背板に腰骨を押され自然と背筋の伸びる機能性を併せ持つ気持の良い結果を得る事となる。グラフィックデザインにおいてはショップロゴや店内に配されたドットパターンは「ピリオド」を示すものであり、文章等の区切りに使われる小さい丸を日常に流れる時間を一区切りする休息の場としての意味合いをドットパターンに込めた。日本や海外がもつ伝統や文化を習い、自分なりの美意識と日常に埋没するアイデアを織り交ぜ、現在の時流と将来におけるモノの価値を再考しながら、商業的かつ経済的時流とどこまで歩みを揃えるかとどのように共存できるかを試行したしつらえをオーナーシェフと共に試みた

It is designed as a place that serves gelato, coffee, panini, alcohol to eat in, as well as to go, providing a banco (counter) and tables to be seated.  It was planned as an extended business of an Italian restaurant located in Ashiya, Hyogo.The given location is a section of 56.1sqm in the commercial area of Nakanoshima Festival Tower, which accommodates office floors, a theater and a shopping zone in their 200m high architecture. As opposed to Nakanoshima Festival Tower, which gives a solid feel with its material and dark color, the color of white is employed to create an overall atmosphere for this space of 56.1sqm cafe/bar. That enables the appearance of this cafe/bar to stand out utilizing the contrast to the whole building, and I aimed to make the interior space including the details to have the effect of non existent (nothingness).The purpose of this effect was to accentuate what is to be displayed inside the gelato case and deli case and the existence of an espresso machine. The banco (counter) and the table space including the bench seat for the interior space are made of cultured marble. They function as connection for the divided area, but what is also focused is their texture that do not feel like cold substance.All the furniture used for the table section are uniquely designed just for this place.The chairs especially were elaborately designed to be functional yet as compact as possible in size to utilize the limited space. Any possible waste of the space was trimmed from these chairs. It however did not compromise the comfort for the design. One can feel the natural push on their lower back, and spontaneous stretch on their back and set them selves for a good posture, hence it results in their physical comfort.As for the graphic design, dot patterns are used for the logo and for the interior of the place. The dot indicates a period or full stop.  As it is used in the writing form to break per sentence, I wished that these little circles imply the time to pause and have a break in people's lives.Having learned from the traditions of my own country, Japan, and other cultures from abroad, I attempted to mix the aesthetic consciousness that I value, and those ideas that are hidden in the daily lives, then put those on a substance that reflects the trend but will retain in the future. Also in cooperation with the owner/chef, we thought about how to get on the commercial and economic flow. I hope to have embodied that concept in this place.

 

 

 


PRIVATE SALON SPACE

 

 

 

 

Description
大阪市内飲食ビル1室の改修計画。野井成正デザイン室によるインテリアデザインの協働設計空間。


所在地:大阪市北区堂島
開業日:2014年7月
床面積:27.93

 

 

 


CHAO SAIGON HIGOBASHI

 

 

 

 

 


Photo:Yoshihisa Araki

  

大阪市西区肥後橋アパホテル30階ベトナムフレンチレストランの設計、設計監理業務。2007年10月OPEN。

CHAO SAI GON


NAKANOSHIMA GRILL

Photo:Seiryo Yamada
    
大阪市中央区淀屋橋ODONA内レストランの設計、設計監理業務。2008年5月OPEN。


CALENDER

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

PROFILE

有限会社コングデザインオフィス
〒550-0003
大阪市西区京町堀1丁目6番23号
西京町堀ビル3F32/33
Tel. 06.6445.0566
Fax. 06.6445.0590

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

LINKS

OTHERS

MOBILE

qrcode